曹洞宗について

曹洞宗は、お釈迦さまより歴代の祖師方によって相続されてきた「正伝の仏法」を依りどころとする宗派です。それは坐禅の教えを依りどころにしており、坐禅の実践によって得る身と心のやすらぎが、そのまま「仏の姿」であると自覚することにあります。

そして坐禅の精神による行住坐臥が(「行」とは歩くこと、「住」とはとどまること、「坐」とは坐ること、「臥」とは寝ることで、生活すべてを指します。)の生活に安住し、お互いに安らかでおだやかな日々を送ることに、人間として生まれてきたこの世に価値を見いだしていこうというのです。

曹洞宗の加盟寺院

Z62_4344.JPG

慶雲寺

PR文

ウェブサイト
Z62_4114.jpg

桂林寺

PR文

ウェブサイト
Z62_5371.jpg

光性寺

PR文

ウェブサイト
Z62_4094.jpg

光明寺

PR文

ウェブサイト
DSC04672 (1).JPG

祥雲寺

宇都宮市街地北部に広がる戸祭村の菩提寺として、祥雲寺は室町期に建てられました。

Z62_3855.JPG

成高寺

PR文

ウェブサイト
Z62_4268.jpg

台陽寺

PR文

ウェブサイト
Z62_4227.JPG

長林寺

PR文

ウェブサイト
Z62_5335.jpg

天勢寺

PR文

ウェブサイト
1617335844945.jpg

伝法寺

PR文

ウェブサイト
bansyouji1.jpg

萬松寺

萬松寺は安土桃山時代に建立された曹洞宗のお寺です。元禄年間に建立された本堂には本尊釈迦牟尼仏、弘法大師御正作と伝えられる安産子育延命地蔵尊がお祀りされております。

Z62_4040.JPG

林松寺

PR文

ウェブサイト